リラクシン’s
『mikancha.net』の寄生ブログ。今はここがメインみたいになってます。

はじめに

ブログ内リンクはこちらから
クリックして移動してください。



プロフィール

リラクシン

Author:リラクシン
同人サークル「みかん茶」在籍。
社会の片隅でちまちま働きながら、
たまにイラストを描いたりしてます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



『ヨコハマ・トリエンナーレ2011』

チラシ

3年に一度、横浜で開催される現代アートの祭典。
これを逃すと次は3年後!
ということで仕事明けのfmmを無理にさそって行って来ました!

ヨコハマ・トリエンナーレ2011

メイン会場は横浜美術館と日本郵船海岸通倉庫。
他にも連携して催しをしている所もありましたが、時間の都合により今回はその2ヶ所だけ。

横浜美術館


館内

かば…?

なんというか『美術』というより見たり聞いたり触ったりして楽しむ『アート』という雰囲気が強く、大掛かりな作品が多かったです。なかには「え、これがアート…?」なものもありましたが親しみやすさという点では小難しい美術品を並べるよりはよっぽど良かったと思います。

もっと詳しい解説はコチラ
他者さまの文で恐縮ですが、私も現代アートは明るくないのでご勘弁下さい。

ただ、一言感想を言うなら、「アートって言ったもん勝ちだなぁ…」とw

新鮮でいろんな意味で刺激を受けました。実際に行って見ないと分からない面白さだと思います。
また次行きたいかといわれれば…そのとき考えますけど(笑


おまけで
今回個人的に好きだった作品

即身仏・・・?

即身仏らしき人物を木彫りで彫って、右には副葬品らしき布織を何千年も前の文明のようなボロさで作成してます。その、よく意味が分からない凝り様がつぼにきました(^^


『ヴェネツィア展』

ヴェネツィア展


行って来ました、『ヴェネツィア展』!
前から楽しみにしていて、開催早々に行きました。
両国の江戸東京博物館で開催中、12/11まで。その後各所巡回します。

もちろん「ARIA」の影響多大ですが、そうでなくても
水上都市として千年近くにわたり繁栄を続けたヴェネツィアの独特な
歴史や文化を知る良い機会を逃す手はありません。

ヴェネツィアの地理・政治形態から生活様式、美術工芸など多方面から紹介されていて、行った事もないのに住んだことあるぜ位の気分になりました。
絵画による解説が主でしたが、美術でなく民俗的な解説が多かったです。
そのへんはさすが江戸博の十八番といったところ。

展示品数約140点というのはヴェネツィアを表すにはあまりに少ないと思います。
しかしながら、描かれたサン・マルコ広場や、ガレー船の模型や、ヴェネツィアン・ガラスの杯、等々から当時の生きていた人々の面影を想うことができる。満足のいく内容でした。

少しでも興味をもたれたのなら是非行って見る事をオススメします。



ふと、何か物足りないような気がした。
…あー、そういえば本物のゴンドラが見られなかったなぁ(展示は舳先しかなかった)と。
博物館横のイタリアンレストランでカルボナーラ・ピザを食べながら思った。
直に見に行きたい。


『江戸絵画への視線』展と『フランダースの光』展

美術の話も久しぶりですね。

今日は2本立て『江戸絵画への視線』展と『フランダースの光』展を見てきました。

続くよ↓↓↓

[続きを読む]

「レンピッカ展」

レンピッカ展」見て来たよ!
明日で東京の開催終わりだけどね!

ひと言でいうとクールビューティ、そしてカッコイイ!
あ、ふた言だ。

なんとなく荒木比呂彦の絵のルーツを見たがする。たぶん違うけど。


平山郁夫氏 死去

美術界の大御所が亡くなった。
でもまだ79歳だったんだ、もっと高齢かと思ってた。

特別好きというわけではないけれど、深みのある青を使って、
独特な雰囲気をまとった魅力的な絵を描く方でした。
日本美術もだんだん寂しくなるなあ…。

ご冥福をお祈りします。