FC2ブログ
リラクシン’s
『mikancha.net』の寄生ブログ。今はここがメインみたいになってます。

はじめに

ブログ内リンクはこちらから
クリックして移動してください。



プロフィール

リラクシン

Author:リラクシン
同人サークル「みかん茶」在籍。
社会の片隅でちまちま働きながら、
たまにイラストを描いたりしてます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



ラファエロ展

ラファエロ展【美術】

ラファエロ展』に行って来ました。

3月2日から国立西洋美術館で開催中です。

「ラファエロって誰?」「あーあの、イタリアで絵を描いてた人?」という人が多いかと思います。
イタリアルネサンス期のダヴィンチ、ミケランジェロに並ぶ画家と評されてますが、2人に比べていまいち知名度が低いのが残念です。代表作でいえば「アテネの学堂」とか今回展示されている「大公の聖母」をはじめとした幾多の聖母子像で有名な画家です。
あまり展覧会は開かれず日本では殆ど見ることのできない画家で今回は非常に希少な機会なので是非また行きたいと思います。

ところで、あの画家の絵のどの辺がすごいの?なんて事を同じ職場の別の日に見に行かれた上司に聞かれました。私は後世の画家が皆お手本にするくらいの人なんですよ、なんてありきたりの答えを言いましが、
おそらく展覧会に言った人の多くは同じ感想を持つと思います。
思ったより普通だった…みたいな。あまりパッと見の印象に残らない。
先に挙げたダヴィンチやミケランジェロのような妖しさや動きが少なく、ひたすら安定していてどこまでも静か。

…いや、そこがすごいんだってばよ。

と言いたいんですが、確かに展覧会にして一堂に並べられるとそんな普通の絵の印象を受けた。
ラファエロの絵は教会だの応接室だの個室にそっと飾って毎日のように見かけ、時にはじっと見て、そうするうちにじわじわと深みが増して心をとらえる、そういう類のものだと思う。
まあこれは私の勝手な解釈なので恐縮ですが、もし今後ラファエロの絵を見に行く機会があったらそんなこと言ってた奴がいたなぁ、とか思いながら聖母子の穏やかな姿をじっくりと鑑賞して頂きたいと思います。

コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://relaxin5.blog89.fc2.com/tb.php/184-c697154d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)