FC2ブログ
リラクシン’s
『mikancha.net』の寄生ブログ。今はここがメインみたいになってます。

はじめに

ブログ内リンクはこちらから
クリックして移動してください。



プロフィール

リラクシン

Author:リラクシン
同人サークル「みかん茶」在籍。
社会の片隅でちまちま働きながら、
たまにイラストを描いたりしてます。



最新記事



最新コメント



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



神戸旅行

いつも通りといえばその通りなのだが、
秋の今頃になって夏休みを取ることとなった。

これもまたいつも通りながら孤独に一泊旅行を楽しむことにした。
神戸近辺に行ってみたいところがあったので三宮というところに
ビジネスホテルをとって足を伸ばしてみた。

システィーナ礼拝堂
システィーナ礼拝堂
もちろん本物なわけがなく、「大塚国際美術館」の一角にある。
大人も子供も外国人さんも自分も口を半開きにして天井を見上げてた。
詳細は↑のHPを見てもらうとして、本当に名画の複製だらけ。
これらが本物だったら鳴門に転居して永住したい。

鳴門の渦潮
鳴門渦潮
大鳴門橋の下に広がる渦潮たち。
10~20くらいの渦が点在していて面白い。ホントに渦巻いている、とビックリ。
日本画家の奥村土牛先生が大迫力の渦を描いていたが、なるほど納得。

神戸夜景
神戸夜景
ビーナスブリッジという名所から夜10時頃の撮影。
神戸は山側・海側に分かれていて、現在地の山側から街→海→淡路島と見渡す景観。
東京の夜景は見慣れていても、やはり都市ごとにその顔は違う気がする。

シャーロックホームズの部屋
ホームズの部屋
神戸北野異人館街」の英国館の一部屋。
ホームズと言えばジェレミーブレットと露口茂だろうという固定観念がある私にはイメージ通り。
帽子とコートが無料で借りられてホームズになりきり雰囲気を楽しめるという。
若いお姉ちゃん達がその衣装で楽しそうにうろうろしてたよ。
他にも風見鶏の館・うろこの家・イタリア館と歩いて回る。
???
なぜか
風見鶏の館にあった、どこかで見たような紙人形と「言峰綺礼」のサイン。
・・・Fate?なんで?
検索してみると神戸の街自体が冬木市のモデルだとか、まあ<聖地>ってことらしい。
で、この館は遠坂家のモデルと。・・・そこで凛のサインじゃなく綺礼になるあたり、らしいというか。

姫路城
姫路城
別名:白鷺城たる世界遺産。
めっちゃ白い。あと、広い。そして高い。6階の天守閣からは姫路市が一望できる。
スマホのアプリをダウンロードすれば各所でAR動画解説が見られるのもなかなか今風。

そんなわけで楽しんでまいりました。
まだまだ周辺に行きたいところも沢山あるけどそれはまたの機会に。

神戸・続神戸
神戸 続神戸
今回の旅のお供の一冊。
詩人・西東三鬼のほぼノンフィクション小説。
戦中戦後、とある神戸の安ホテルに居住する娼婦・異国人など変人たちの奇妙な日常。
著者本人もそのうちの一人として、闊達な文章でつづっています。
当たり前のように人が死んだり行方不明になったりするけど、人々の自由すぎる生き方が
実に心に響いてくる。名著です。

無題

所用で渋谷のほうに行きました。
駅前広場はバカ者たちが乱痴気騒ぎ若者たちがお祭り騒ぎ。
もうすぐハロウィンなので仮装してる人たちがちらほらと。
警察車両もめっちゃ出動してて警戒しまくり。
他人に迷惑かからない程度に節度をもって楽しんでほしいですね。

渋谷ハチ公前広場 午後5時ごろ
渋谷



秩父

あんまり暑いのでかき氷を食べに行きました。
長瀞にある「阿左美冷蔵」という店が有名だそうで
そこの本店・支店を掛け持ちで食べ歩き。
トッピングのあんが激甘なので苦手な人は要注意。

本店にて、抹茶案・白あん・つぶあん・白玉の全部のせスペシャル
阿佐美 氷

支店にて、みかん・巨峰・白桃の果汁スペシャル
阿佐美 氷2

ついでに長瀞でライン下り。
小舟で荒川を下る約20分のコース。

雨天の予報に反して、晴れていて良かったです
川下り1

ラフティングやっている人達も
川下り2

その後は埼玉県立自然の博物館に寄り道。
5億年くらい前の地層や化石があり、動植物の剥製標本、展示が多くて
見ていて飽きない博物館でした。

入り口でメガロドンの模型が出迎え
自然博物館1

恐竜の復元骨格なども展示
自然博物館2
 

花火大会

河川敷の一等席で花火大会を観覧。
間近で見るとやっぱり迫力が違いますね。
台風の影響がほとんど無くて良かった。

花火大会1

花火大会2

花火大会3



無題

少し前だけど仕事帰りに虹を見た。
たぶんここ10年くらい見た覚えがないので。
ちょっと嬉しかった。

虹1